かき氷は平安時代からはじまります

前にもお伝えしたように「かき氷とは、削った氷にシロップ等をかけた氷菓である」とのことなんですが、広義には、出来合いの市販品としてカップ入りのアイスクリームと同様の器に細かく砕いた氷と各種シロップを混ぜたものもさします。

市販品では、袋入りもある。また、近似品と言ってしまったら阪神フアンに怒られるかもしれませんが甲子園球場名物となっている「かち割り」もあります。

かき氷を売っている店では、氷旗(白地に赤い文字で「氷」と書かれた幟(のぼり))をよく見かけると思います。
※上のところのを参照にしてくださいね。

夏の社寺の境内などで催される夏祭り、盆踊り、縁日の屋台ではリンゴ飴・たこ焼き・焼きそばとともに代表的な縁日物(えんにちもの)の一つです。

かき氷機.jpg
かき氷の歴史はというと・・・・・
平安時代に清少納言の『枕草子』「あてなるもの」(上品なもの、良いもの)の段に、金属製の器に氷を刃物で削った削り氷(けずりひ、文中では「けつりひ」)に蔓草の一種である甘葛(あまかづら・あまづら、蔦の樹液または甘茶蔓の茎の汁と思われる)をかけたとして「削り氷にあまづら入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と記述されています。

かなり歴史の古い食べ物だということがわかりますよね。
そして、冷蔵庫などもない時代、本当に貴重な食べ物だったと思います。


そして、その後・・・・
1869年(明治2年)
神奈川県横浜にある馬車道で初めての氷水店が開店する
※ここは日本においてアイスクリームを発祥させた店でもあります。

1871年(明治4年)
中川嘉兵衛が五稜郭の外壕で生産した天然氷が”函館氷”と銘打って京浜市場に登場しそれまでのボストン産の輸入氷に比べて良質でかつ低廉で好評を得ていく。
※ボストンから輸入されていたんですね。へぇ〜〜♪

1878年 (明治11年)
粗悪な氷が販売される事を取り締まるために内務省から「氷製造人並販売人取締規則」が公布された。
これにより営業者は、衛生検査に合格した氷の生産地・販売者名を示したのぼりや看板を掲げる事が義務付けられた。
※やはり、粗悪品でもうけようと思う奴がいてるのですね♪

1882年(明治15年)頃
博物学者のエドワード・S・モースが、かき氷を食べたことを自著に記している。

1887年(明治20年)
村上半三郎が氷削機(ひょうさくき)を発明し特許を取る。

1897年(明治30年)頃以降は機械製氷が主流となる。

そして昭和初期に氷削機が普及し、一般化します。


どうですか、かき氷の歴史は平安時代からはじまりますが、
一般的に普及したのは昭和に入ってからなんですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。