かき氷を食べると頭が痛くなるのは、なぜ?

かき氷をたまに食べていると、頭がキィーンと痛くなることがありますよね。
この理由を知っていますか?


この頭痛は、簡単に言えば、大脳が痛みの発生源を間違えていることが原因です。

体じゅうの刺激は、通常、神経を伝わって大脳の感覚野で認識されます。
この中で、口の中から感覚野までの神経は、途中で頭部からの神経と経路が重なっています。

このため、大脳の感覚野は口の中からの強い冷刺激を、頭部からのものと間違ってしまい、頭痛となるそうです。

この頭痛のことを「アイスクリーム頭痛=icecream headache」といううそのような本当の名称があります。


さて、この対処法ですが、痛みの発生源は、実際は頭ではなく口なのですから、
頭を押さえたりするよりは、やはり、口の中を暖めるのが有効とのことです。

つまり、口の中を熱いお茶などを飲んで暖めれば「キィーン」が治るっていうことです。
お試しあれ♪






「かき氷を食べると頭が痛くなるのは、なぜ?」

わたしはてっきり夏が怒っているんだと思ってました♪
タグ:かき氷 頭痛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。