お伊勢さんの赤福氷(あかふくごおり)

赤福氷(あかふくごおり).jpg


伊勢路の夏の風物詩の一つ。偽装問題で有名になった赤福もちが入ったかき氷です

かき氷に赤福ならではの餡と餅、抹茶仕立てのシロップがかかっています。

1961年(昭和36年)7月に三重県の伊勢名物である赤福餅を「赤福アイス」の名称で氷菓として海水浴客に販売するのを考案したことが始まりらしいです。

夏季には日ごろ見慣れた氷旗とは違い赤福の赤い文字と青い氷の文字が書かれた看板が店先に置かれます。

餡はこし餡で、餅については白玉団子より柔らかく、ゆでた後に搗いた餅が別々に入っています。
その餡と餅も\普通の赤福もちではなく、冷たい氷になじむように特製だそうですよ♪


赤福氷を食べられるお店は三重県や愛知県の一部の店舗のみです。

食べられるお店は→ココ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。