鹿児島の白くま(しろくま)

発祥はの鹿児島県ですが、九州でよく見られる名物氷菓。
ないとスクープなどのTV番組で紹介されて全国区になったもの。

ミカンやパイナップルの缶詰などの果物を盛り込み、アズキを乗せ、練乳をかけたもの。この組み合わせでカップ入りの氷菓やアイスキャンディーも作られています。

白くまという名前の由来については下記の主な2説です。

練乳缶ラベル説
昭和7、8年ごろ、鹿児島市の西田本通りにあった綿屋が夏の副業としてかき氷を販売していて、新メニューとして作られました。

練乳をかけたかき氷の名前を考えるときに、練乳の缶に貼られていたラベルに描かれた白熊(ホッキョクグマ)の絵をパクって使った、という説。

セイカ食品、鹿児島県などが採用している説です

むじゃき説
1947年(昭和22年)、鹿児島市の喫茶店、むじゃきのオーナー久保武さんがミルクのシロップをかけたかき氷を考案しました。

そのかき氷をもっと贅沢に見せるために、みつ豆の材料の三色寒天、サイコロ状に切り落とした羊羹、豆や、缶詰のフルーツを盛り付けて出したところ人気メニューとなった。

白くま.jpg

上から見た姿が白熊に似ている(トッピングの干しぶどうがまるで白熊の目のように見えたため)ことから命名した、と言う説。

むじゃきが採用(主張)している説です。
(そりゃぁ〜主張しますよね、むじゃきさん♪)


まあ、あまりどちらでもいいということで、地元鹿児島でも重要なことではないようですね。
【いろいろなかき氷の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124211467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。