かき氷になにかける?

かき氷のなくてはならないパートナーのシロップ。
このシロップについていろいろ調べてみました。

たとえば同じものでも地域によって呼び名やもりつけ方が異なってきます。
あなたの地方ではどんな呼び名&盛りつけ方?

シロップは、おそらくみんな無果汁でしょうね。着色料ぽい色ですよね。
逆に果汁が入った高級なシロップってあるのかなぁ〜???


★イチゴシロップ
赤色のシロップ
すごくオーソドックスですよね。わたしはこればかり食べてました。

★メロンシロップ
緑色のシロップ
これも甘くておしい!

★レモンシロップ
黄色のシロップ
あまり酸っぱくないですよね。

★ブルーハワイ
青色のシロップでカクテルのブルーハワイを連想させます。もしかしたら、ネーミングはそこから来たのかも???
トロピカルフルーツなどを添えることが多いです。
ハワイアンブルーと呼ぶこともあります。
レモン・オレンジなど香料が使われて、ソーダに近い風味のものが多いですね。

★水(すい)
砂糖水(さとうすい)を略して水と言います。
これは砂糖を煮詰めて作る無色のガムシロップをかけたものです。
「氷水(こおりすい)」・「みぞれ」・「せんじ」・「甘露(かんろ)」と呼ばれることがあります。
あの「美味しんぼ」で、粋なかき氷好きはこれを頼むとのこと♪

★レインボー
いろんな色のシロップをかけた多色のもの。
ある意味気色悪い!

★濃縮乳酸菌飲料
カルピスなどの濃縮液。わたしの地域では、そのままお店でも「カルピス」と呼んでいました。

★コーヒー
濃く淹れたコーヒー。シロップや加糖練乳とともにかける。
ただのアイスコーヒーではという意見も!

★黒蜜
黒糖を湯で溶かしたもの。台湾のかき氷では一般的です。

★加糖練乳
いわゆるコンデンスミルク、単独でかけるよりもトッピングにされることが多いです。

★梅酒
これ結構うまい!

★アイスクリーム
かき氷の上のトッピングとしてアイスクリームを乗せる場合もあります。
邪道ですよね。でもうまい!!


いろいろありますね。
一度全部かけたらどうなってしまうだろう??
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。