かき氷VSアイスクリーム 温度対決!

かき氷とアイスクリームは、いったいどちらが冷たいのでしょうか?

どっちも冷たく感じ、どちらかといえばかき氷のほうが冷たく感じます。

実際にそれぞれを測ってみると、
かき氷は0℃ですが、アイスクリームは-7℃くらいになります。

これはアイスクリームには乳脂肪分などが多く含まれているため、
0℃以下にならなければ固まらないためです。



でも実際に、口に入れたときに冷たく感じるのは、かき氷のほうです。

これは「アイスクリームはかき氷に比べて凍結部分が少ない」
「アイスクリームに含まれる脂肪の粒子や空気の泡が熱を伝えにくく、熱の吸収を妨げる」との理由からです。

体で感じる温度はかき氷のほうが冷たいですが、
温度を測るとアイスクリームのほうが冷たいといえますね。

だから、頭が痛くなる現象を「かき氷頭痛=kakigori headache」と改名されないのです。

かき氷君、残念でした!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。