沖縄県のぜんざい

「ぜんざい(善哉)」って聞いたら普通"お餅が入ったつぶあんのあたたかいお汁粉"を想像しますよね。でも、沖縄では「ぜんざい」は夏の味なのです。

沖縄風「ぜんざい」は、黒糖などで煮た金時豆と煮汁を冷やして器に盛り、数個の白玉とふわふわのカキ氷を乗せたもの。

沖縄ぜんざい.jpg
今でこそ金時豆で作りますが、その昔は緑豆でつくられていたようです。「解熱作用があるといわれる緑豆を、ミネラル豊富な黒糖で煮る」まさに、暑い夏を乗り切るためのおやつでした。

でも戦後、米軍物資として出回ったカリフォルニア産の金時豆にとって変わられたとか。ちなみに金時豆は、カルシウム、ビタミン、食物繊維が豊富で、便秘や生活習慣病予防に効果があるといわれています。

地元では、「夏といえばぜんざい」!各家庭では小豆を代用して作られます。

ただ、かき氷が乗るようになったのはわりと最近のことで、押し麦と白玉を入れて冷やしていただく「あまがし」の変形が「ぜんざい」ともいわれています。

「あまがし」その昔は粥状の大麦に麹を入れた発酵食品で、酸味が強く、食べる際は砂糖を入れて甘くしていたとか。

「あまがし」はその名のとおり結構甘いものですが、これにカキ氷が加わると甘味が中和され、さっぱりと食べられます。

ちなみに、この「ぜんざい」にイチゴ等のシロップをかけると"金時"に、コンデンスミルクをかけると"しろくま"に呼び名が変わるといううわさが♪


沖縄県の「ぜんざい」マップ

大きな地図で見る
【いろいろなかき氷の最新記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。