氷屋ののぼりのぼりは誰のデザイン?

海水浴に行った海の家や、街中でも夏になるとよく見かける「氷」と白地に赤く染められた氷ののぼり。

今では、かき氷を販売するお店や喫茶店などでもあたりまえのようにぶら下がっています。

夏到来のシンボルマークといっていいでしょう!


ところでこの氷ののぼりはいつの時代から登場し、誰が考案したものか知っていますか?

じつは、中川嘉兵衛という人と関係があります。

彼が牛乳店や衛生・食品などの洋式の新事業を手がけるうちに製氷事業が最も儲かるのではないかと考え付きました。

そして幕末から失敗を重ねながらも五稜郭の外壕で天然氷「龍紋氷」を採氷することに成功しました。

官(今で言う国)の検査を受けて、品質のよい安全な氷を販売する許可が取れたのです。

中川嘉兵衛が販売した天然氷には「天然氷」「函館氷」という文字と龍が舞う図柄がデザインされていたといわれています。

この図柄は、「龍紋氷」と呼ばれ、基本型は販売店にかけられた看板で、今に伝わる氷字の下に水流模様の原型になったとみられています。

これが氷ののぼりのはじまりといわれています。


中川嘉兵衛さんとはこんな人→ココ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。